電気グルーブと言えばライジングサンの一発目のアーティスト。

電気グルーブの新作が発売されるようで。たまたまインタビュー読んでたら、いい!

なんだかむちゃくちゃ格好いい大人っていうか。

日本の40代男のロールモデルになり得るかも。

 

Apple Musicで久々に漁って風呂場で聴いているけど、音数が少なくて聴きやすい。

しかも、基本歌詞に意味もないだろうからという先入観で聴いているから、本読みながらでも楽しんで聴けると。

 

 

 こないだamazonプライムにあがってて目を疑ったこのドキュメンタリーも10分見る限りは間違いはなさそうだった。

 

自分にとって電気グルーブは、地元ではじめて開催されたロックフェス、ライジングサンの初回、一発目に登場したアーティスト。

あの時の第一声。

「みなみなみなさんこんにちわー」

忘れられないメモリー

何万人かのフェス素人達が歓喜して、そここら20年近くお祭りは続いている。

ロックフェスの記念すべきトップバッターに彼らを持って来た事で、ライジングサンの成功は約束されていたのかな。

 

明日からの謎の社内お泊まり会議も電気スピリットで乗り切れそう。

 

 

新作は本人達曰く。

最高傑作!

 

TROPICAL LOVE(完全生産限定盤)

TROPICAL LOVE(完全生産限定盤)