宇多田ヒカルの新曲の感想。Play A Love Songはトラベリング級のアンセムだった!

Play A Love Song

 

小沢健二が36人編成でライブをスタートさせたようです。

まったくもって想像ですが、ファンクっぽいライブなのかなあと。

小沢健二からは時にブラックミュージックの匂いがしますので、きっときっとそうだと。

ファンクっぽくて祝祭感に満たされたライブなんじゃないのかなと。

 

ゴリゴリロックだけが好きで、自分がブラックミュージックに興味を持つようになったのは、宇多田ヒカルです。

なんだよ突然という話ですが、小沢健二以上に日本でブラックミュージックの息吹を感じさせてくれるのが宇多田ヒカルじゃないのかなあと思うわけです。

 

 

宇多田ヒカルが新曲を出しました。

CMソングにもなっているので、すでに耳にした方も多いでしょう。

感想はどうでしたか?

自分はかなりスルーしてしまいました。

ああ、CMソングだなあと。

 

そんな中今朝、中西哲生のクロノスというラジオ番組で偶然フルコーラスに近いバージョンを聴くことになったのですが。

ぶったまげたというわけです。

 

帰宅してすぐに購入。

徒歩通勤の20分はリピート再生。

身体から生えている足が、別の誰か、そう飼っている柴犬のものと交換されたかと錯覚するほどノリノリで歩きました。

 

自分は宇多田ヒカルの歌の中ではトラベリングがトップクラスで好きで、それは重い世界で生きている自分をちよっと上から釣ってくれる高揚感があるからなのですが、今回の新曲Play A Love Songからは同様の引きを感じました。

 

CMじゃわからない高揚感

宇多田ヒカルPlay A Love Songは、フルで聴いてこそ魅力が伝わる曲です。

比較的淡々と歌は進むのですが、クライマックスに向かうに連れて増していく不思議な祝祭感。

そう、まさに大編成でのライブを想像させるような。

少しゴスペルちっくな盛り上がり。

ああ、宇多田ヒカルだよな。これが。

呟いてニヤニヤしてしまいます。

 

本当に最高。

この歌は少しの間は自分を幸福へ向けてドライブさせてくれることを確信しています。

Play A Love Song - 宇多田ヒカル