朝風呂しながらチャールズミンガスとフューチャーを聴く。自分まだ大丈夫。

昨晩は寝落ちしてしまって、kindleでダウンロードしたけれど結局読まなかったブルージャイアントの新刊。

3時に起きて朝風呂しながら読みました。

安定して面白い。

ここ数年、めっきり漫画を読まなくなったけれど、ブルージャイアンは新刊が出るたびに購入しています。

 

ブルージャイアントを読むと、決まって途中で何か聴きたくなります。

良い本は行動を促すという事でしょう。

 

今日はフューチャーを最初に聴いて、途中からチャールズミンガス。

ヒップホップからジャズ。

 

音楽における自分の原体験は長渕剛や尾崎豊。

そこからUKロックにどっぷりとはまって、サラリーマンになったころにはハウス。

 

長渕剛からはじまった自分の音楽リスナーとしての歴史は、30年の時を経てフューチャーという2018年現在のヒップホップアーティストと、1950年代活躍したチャールズミンガスというジャズミュージシャンへと紡がれたわけです。

 

変わらないこと、思考停止すること。

ダサいおっさんにならないために重要なことかなと思っていました。

サラリーマンになって、ただひたすたらと同じような仕事を半ば思考停止していた自分。

少しダサいなって思うこともあります。

 

でも、今でもやっぱり新しい音楽を聴くことができるし、古い音楽も新鮮に感じたりします。

自分の音楽リスナーとしてのストライクゾーンは、昔よりも遥かに拡がりを見せています。

 

音楽を聴いてまだわくわくします。

 

 

直立猿人(完全生産限定盤)

直立猿人(完全生産限定盤)

  • アーティスト: チャールス・ミンガス,ジャッキー・マクリーン,ジャック・モントローズ,マル・ウォルドロン,ウィリー・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/12/07
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

 フューチャーのこのアルバムは本当に良く聴きます。

何が良いんだかわからないけれど、何度聴いても飽きがこない名盤です。

Future [12 inch Analog]

Future [12 inch Analog]