指原莉乃のりゅうちぇる批判がはなはだ的外れな件

ワイドナショーに指原莉乃が出ていて、相変わらず立ち振る舞いがうまいなあ。それに少し可愛くなったなあと見ていていたのだが、やっぱり看過できない発言をしてくれた。

 

りゅうちぇるのタトゥー騒動について、「インスタにあげる時点で批判がくるのは想定内、それに対して批判のコメントを出すのは違うんじゃないかと」。

そんな趣旨である。

 

一瞬、まあそのとおりだなと思ったし、松ちゃんも同じ意見のようだけれど、やっぱりこれが、この指原莉乃の発言こそが今の日本の閉塞感を象徴しているんだよと思った次第である。

 

意見を表明することが間違っているという風潮

タトゥー写真を投稿して、思ったより世の中にはタトゥーや外見に対しての偏見が強いと感じたりゅうちぇる。

「それはおかしい。人を外見で判断するな、タトゥーなんて日本以外では普通だよ」

こう声を上げることの何が違うのだろうか。

 

自分が起こしたアクションに対して、世間の多くがNOをつきつけてきた時は、黙っていなければならないのだろうか。

 

それ、おかしいよと声を上げるところから、世間の問題意識が高まるし、新しい発想もうまれていくはずだ。

 

いつも大人の言う通りにする昭和な価値観

指原莉乃の意見は至極真っ当だろう。自分が教育を受けてきた世界では、完璧な回答だし、サラリーマン社会で求められているような回答でもある。

さすが指原莉乃。もう大御所である。

 

でも、あくまで昭和の価値観の中での真っ当な模範解答である。

おかしいものにはNOと言わなかった日本社会は、いたるところからほころびが出てきている。

企業が長い間隠蔽してきた不祥事や不正が、ガンガン明るみに出てきている。

 

もう、指原莉乃のような回答、みんなが求めていて、立場が上の人が喜ぶ回答をしている場合じゃないのだ。

次のステージにいかなければならない。

 

りゅうちぇるがんばれ

二日連続でりゅうちぇるの事に触れたが、自分は別にりゅうちぇるは好きではない。

でも、最近の彼は存分に格好いいし、新しい価値観で思いっきり社会と対峙している姿には学ぶべきところが大きい。

 

指原莉乃のように、50代の松ちゃんや60代の泉谷しげるに喜ばれるコメントをしているより、違うことは違う、変だと思うことは変だと主張するりゅうちぇるの背中はどうしても押したくなってくる。

 

自分の世代はあきらめているけれど、娘の世代ではもう少し楽しい世の中になっていてほしい。

りゅうちぇるのような立ち振る舞いが自然になればなるほど、そんな未来が見えてくるはずだから。