いい歌だと思ったら大体大橋トリオだという説について

昨日は妻と娘を連れ立ってアリオモールへ。

ゴールデンウイークの最終日という事もあり、フードコートは激混みでした。

なかなか疲弊します。

 

道中はラジオを聴くことが多いのですが、昨日は突然琴線に触れるメロディーが飛び込んできます。

これがあるから、ラジオは好きです。

 

早速流れている歌をアプリで確認してみると、薄々はわかっていたことで大橋トリオの歌でした。

「さくら」という歌。

 

実はこんなケースがやたらと多くて、ラジオだったり、お店のBGMでかかっている曲を後から調べてみると大橋トリオの曲ですと。

なんかそんなことを5年以上はやっている感じがします。

 

多分大橋トリオの物悲しいメロディーラインが、自分は大好きなんでしょう。

 

そんなに大好きなら、一度はちゃんとフォローしてみればという感じがするのですが、一度も大橋トリオのCDを購入したことはないし、配信している曲を購入したこともありません。

 

今でこそ、Apple Musicで聴いたりはしますが、追加で支払いが発生したとすると絶対買わないでしょう。

これほど好きなのにどうして?

 

自分にとって大橋トリオは最高のポップミュージックなのでしょう。

ロックや、今ならラップみたいに、その生き方込みで音楽を聴くように調教されてしまっている自分。

大橋トリオはあくまでその音楽のみが好きで、彼?の歌からは生き方など見えてこないからです。

大橋トリオに夢中になることはできません。

 

大橋トリオが誰なのか、その容姿さえ自分はよく知りません。

でも、何度も何度も彼?の歌は自分と少し距離を置いたところで鳴っていました。

聴こえていました。

 

多分、これからも大橋トリオに夢中になるようなことはないでしょう。

ライブに行くなんてこともあまり考えられません。

 

のんびりとサラリーマンをやっている自分ですが、ロックだったりケンドリックラマーを聴いていたりするとたまに酷く疲れることがあります。

ケンドリックラマーのラップは、決してサラリーマンの日常の延長線上にはないからです。

 

大橋トリオの曲は、サラリーマンとして過ごしてきた20年のあらゆるシーンで無理をせずに聴くことができました。

決して夢中になることはないけれど、絶えず曲を届けて欲しい。

自分にとって大橋トリオはそんな存在です。